結婚式場や二次会の景品でお悩み方│結婚式のプランを考えよう

ウェディング

式をあげる意味について

式場

最近の京都のカップルは、経済的な問題で結婚式をあげないという方や、結婚式をあげるメリットがわからないという方がいるようです。確かに、結婚式をする意味を深く考える機会は無いかもしれません。結婚式自体も大切なことですが、実はカップルにとって結婚式に向かって準備することが、これから始まる二人での暮らしに重要な意味をもたらすのです。結婚式をすると決まれば、京都での式場探しや衣装の選定、招待客に誰を呼ぶか、など大変な作業に追われます。これは一人で全て決めるには難しいので、二人で協力し合わなければなりません。そして無事に京都で結婚式を終えたとき、一種の達成感のようなものを感じると思います。結婚式は楽しいことと面倒なことが同じくらいあるので、それはある意味、二人で協力して行なう初めての作業とも言えます。これを成し遂げたとき、二人の絆はより深くなり、お互いに感謝するでしょう。それだけでも結婚式をやる意味はあるのです。また、準備する段階でウェディングドレス代や引き出物など、お金がかかることがたくさん出てきます。これにどこまでお金をかけるかは本人たちの感覚次第です。なので、これを話し合うことによってお互いの世間感覚や金銭感覚がわかります。これから生活する上で、相手の金銭感覚を把握することは大切なことですから、その意味でも結婚式は夫婦の大切な通過点となりうるのです。また、結婚が決まってそのことを京都の両親に知らせたら、両親から結婚式の思い出や、そのときの写真などを見る機会があるかもしれません。そのときに自分が両親から受けてきた愛情などが蘇ってくるでしょう。このように結婚式を記録することで、これからつくる家族にとっての大切な起点となるのです。